アウトドア派になりたいならいい

趣味の王様とも言われる山登りは、旅行(アウトドア)の目的として老若男女を問わず人気が高まっているものです。山登りと言うと本格的なアウトドア派の方が挑戦する厳しいものというイメージを持つ方も居ますが、家族連れや友達・恋人同士が遠足気分で楽しめる身近な山で行う、旅行(アウトドア)目的の山登りもあります。 山登りの楽しみは、何も頂上を目指すだけではありません。例えば、平地やお花屋さんでは見られない動植物が楽しめます。山に生息する花は信じられないほど小さく可憐なものです。登山道の脇にさり気なく生えている変わった形をした草や実は、好奇心をかきたててくれます。木々の間で物音がした時に観察してみると、小さなリスが走り回る姿や見慣れない鳥を目撃することもあるでしょう。山は野外での遊びに慣れたアウトドア派から山登りが初めての方まで、皆が楽しめる要素が沢山あるものです。 また、旅行(アウトドア)の楽しみである食事も山登りの魅力の1つです。お弁当を作って持って行くのも良いですが、山によっては頂上にレストランがある場合もあります。頂上まで登り切った人だけが味わえるご褒美です。 楽しい山登りをする上で、絶対に持って行くべき3種の神器と呼べるものがあります。1つ目はコンパスです。山の中で、特に道に迷い始めた時に方向が分からないのは、遭難した事を意味します。2つ目は、地図です。使いやすい縮尺のものを用意しておきましょう。事前にコンパスと地図の使い方をしっかり覚えて実践して、使い方を把握しておくべきです。いざという時に道具だけあっても、使い方がわからなければ無くしたのと同じです。状況によっては、やはり遭難を意味します。 3つ目は、ライトです。両手が自由で落とすリスクの少ないヘッドライトを選ぶと良いでしょう。入山した後、思わぬ事情で下山時刻が過ぎてしまうと、そのまま暗闇の中に取り残されてしまう恐れがあります。山の中は草木が生い茂っているので、暗くなるのが早いものです。油断すると下山途中で身動きが取れなくなる恐れがあります。 山は必ずしも高い山が危険で低い山が安全とは限りません。経験豊富な山男とも言える人でも、低い山で準備不十分のまま入山して不慮の事故や急な天候不良で命を落とすことがあります。しっかりと予定を立てて、必要十分な装備を持って山登りをすれば、思い出に残る楽しい旅行(アウトドア)になるでしょう。

きっかけには簡単かも

山登りは、旅行(アウトドア)の定番として親しまれており、性別や年代に係わらず、自然の雰囲気を楽しむには絶好のチャンスとしてみなされています。最近では、簡単に山登りをすることができる・・・ 続きはここから又はリストから